CBD%E3%81%AE%E5%8A%B9%E6%9E%9CTOP_edited

​CBDの効果

CBDにはさまざまな効果があるとされ、その数は200種類以上にも及びます。あらゆる効果が期待できる理由は、CBDが人体に備わるECS(=身体調整機能)に作用しているため。

部分的・一時的な症状の緩和ではなく、体の根底から改善し、多様なお悩みに活用することが可能なのです。

CBDの代表的な効果には、以下のようなものがあります。

・ストレス緩和

(リラックス作用)

・睡眠導入、不眠症改善

・自律神経の調整

・免疫力の調整

・鎮痛作用

・抗酸化作用

・抗炎症作用

・エイジングケア

・食欲コントロール

・新陳代謝を促す

・血圧コントロール

・てんかん治療

・がん細胞の発がん抑制

CBDは体内に取り込むことで、カンナビノイド受容体(CB1,CB2)と結びつき、ECSに影響を与えます。

CB1受容体は痛みや不安、感情などに作用し、ココロをリラックスさせてストレスを緩和してくれます。

またCB2受容体は免疫機能を正常に整え、抗炎症作用などをもたらし、健康的なカラダをサポートしてくれるのです。

海外では、睡眠導入やストレス緩和だけでなく、関節痛などの痛みにも利用されているCBD。

化学薬品のような依存性や副作用が確認されていない点でも、安心して取入れやすい成分です。

また、CBDの効果は、お肌にも良好な結果をもたらしています。CBDをお肌に分布すると周辺のCB1、CB2と結合し、表皮約1cmまで浸透することがこれまでの研究で発表されています。

自らの浸透率とより高い抗酸化作用でシミやシワをケア。また、抗炎症作用でアトピーやニキビの改善にも用いられています。

海外ではすでに研究が進んでおり、病院での処方箋治療にも採用されているCBD。麻の医療目的の研究や処方は禁止されている日本でも、睡眠導入やストレス緩和、鎮痛作用や抗炎症作用などの目的で、自由診療に取入れている医院が急増中です。

また、難治性てんかんの治療薬として、国の臨床実験も検討されています。天然成分で安心して摂取できるCBDは、健康、美容、免疫、痛みなど、それぞれの場面で私達のココロとカラダをやさしくをサポートしてくれるのです。

0