TOP.jpg

​嗅覚から脳への刺激

1-1.jpg

ヒトには「視覚」「味覚」「触覚」「聴覚」「嗅覚」の5つの五感が備わっています。

そしてその中で唯一、脳にダイレクトに刺激を与えられるのは「嗅覚」だけといわれているのです。

五感が関わる脳の部分は大きく分けて以下の通り。

視覚、味覚、触覚、聴覚などがなんらかの反応を外部からキャッチすると、それらは電気信号となって大脳新皮質を経由したのち、大脳辺緑系に送られます。

それに対し、嗅覚では香りの信号はダイレクトに大脳辺縁系に伝達され、その後視床下部にもシグナルが送られます。

つまり、嗅覚はその他4つの感覚に比べ、大脳辺緑系に刺激を与えやすいということなのです。

例えばあなたがホットコーヒーを一口飲んだとします。すると、まず脳は“香り”をキャッチし、そのあと“苦み”や“温度”などを感じるということ。

また、昔出会った人の顔を見てもなかなか思い出せないのに、その人がしていた香水の香りで当時の記憶が蘇り「懐かしい気持ちになった」という話はよく耳にします。

 

これも嗅覚が記憶や感情を司る大脳辺緑系やその奥にある海馬と密接に関係があるからなのです。

さらに信号が視床下部に伝達されることによって、恒常性を整え、ホルモン分泌のサポートもおこないます。

 

嗅覚は、私たちの感情や記憶に影響するだけでなく、健康を保つためにも重要な役割を果たしているのです。

こうした嗅覚から脳への刺激を踏まえ、CAMYUのプロダクトには上質で芳醇な香りを放つEssential Oilをたっぷり含有しています。

一度香りを体感すれば忘れられない素敵な香りを体感していただければ幸いです。